ホーム > FAQ

FAQ

ウェブフロンティアは、何をする会社なのですか?

主な業務は、広告代理店事業、メディア事業、webコンサルティング事業です。

ウェブフロンティアは、「売上に直結するネット広告」を、お客様に提供し最適なソリューションの提供につとめてまいります。現在、インターネットは人々の生活に浸透し、欠かせない存在となっております。現在の刻々と変わる大きな変化に合わせ、変遷するインターネット市場においてお客様ニーズを的確に掴み、お客様のマーケティングパートナーを目指すとともに、次代のネットマーケティング活動を体現してまいります。

ビジネスの面で御社と協力が出来る部分が色々とあるかと思いますので、
ぜひ一度お話しをさせていただきたいのですが。

まずはメールでお話しの内容を伺わせてください。

こういったご連絡を頂くことがよくありますが、直接お会いすることは、具体的な内容がある場合に限らせていただいております。
お互いの時間をムダにすることを避けるため、まずはメールでお話しの内容を伺わせてください。

ネットバブルははじけたのではないですか?

堅実に仕事を行っている企業にとってはむしろ追い風です。

ネットバブルと呼ばれた時代は終わりました。端的に言うと、ネット関連企業が実態以上に過大評価された時代が終わったということです。
言わば当たり前の状態に戻っただけの話しで、ネットバブルとは無関係にインターネット関連のシステム開発の需要はこの先も無くなることはありません。
企業側もコストパフォーマンスを考えた広告の選別を意識するようになったということで、堅実に仕事を行っている企業にとってはむしろ追い風であると考えています。

どういう企業をターゲットに仕事をしているのですか?

インターネットを積極的に利用しようという意識とビジョンがある企業であれば業種・規模は問いません。

ただ、直接打合せを行う担当者の方にプロジェクトの決定権があることを大前提とさせて頂いておりますので、必然的にある程度以下の規模の企業、又は頭が柔軟な企業に限られてくるかと思います。

ウェブフロンティアは社会の中でどういう存在になりたいですか?

共通したカラーのようなものが形成され世に浸透しているようであれば理想です。

企業は「ポリシー」によって社員や、その周りの環境に影響を与えることが出来ます。
ウェブフロンティアに係わった人たちや一緒に仕事をした人たちがポリシーに感化されて、のちに共通したカラーのようなものが形成され世に浸透しているようであれば理想です。

ウェブフロンティアは、いわゆるベンチャー企業なのですか?

ウェブフロンティアはベンチャー企業ではありません。

ベンチャーの語源は「冒険(venture)」からきていますが、ウェブフロンティアがハイリスクハイリターンの事業をおこなうことはないからです。
新規事業をおこなうことはあっても、「まとまった投資をうけて最初は赤字覚悟で挑戦する」ようなことはしません。
企業の第一義は、まず黒字を出し、そして存続することであると思っています。

このページの先頭へ戻る

FAQ